ご寄付のお願い

学生のキャリアを支援するNPO法人 鴻鵠塾

勉強会

ご寄付のお願い

2021.05.10

2021年5月〜7月の勉強会開催日時のご案内

鴻鵠塾では、2021年5月〜7月の勉強会を以下の日程で開催いたします。

 

 なお、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、鴻鵠塾では2020年5月より全ての勉強会をオンラインで開催しています。場所の制約なくご参加いただけるため、日本全国からのご参加をお待ちしております。

 

主な内容

面接練習・OBOG訪問会

OBOG訪問会:6月12日(土)20時〜

 様々な業界・職種・キャリアの社会人をお招きし、少人数のグループに分かれてのオンラインOBOG訪問会を開催いたします。前半はランダムでのグループ分けを行い、今の興味関心に縛られずに、偶然の出会いをきっかけに世界を広げていただきます。後半は、参加者の希望に合わせたマッチングを行い、自身の興味関心を深堀りしていただきます。


学生参加申し込み:https://koukoku.secure.force.com/w2l/Zoom_student_20210612

社会人参加申し込み:https://koukoku.secure.force.com/w2l/Zoom_business_20210612

 

OBOG訪問会:7月10日(土)20時〜

 様々な業界・職種・キャリアの社会人をお招きし、少人数のグループに分かれてのオンラインOBOG訪問会を開催いたします。前半はランダムでのグループ分けを行い、今の興味関心に縛られずに、偶然の出会いをきっかけに世界を広げていただきます。後半は、参加者の希望に合わせたマッチングを行い、自身の興味関心を深堀りしていただきます。


学生参加申し込み:https://koukoku.secure.force.com/w2l/Zoom_student_20210710

社会人参加申し込み:https://koukoku.secure.force.com/w2l/Zoom_business_20210710

OBOG訪問会:8月12日(土)20時〜

様々な業界・職種・キャリアの社会人をお招きし、少人数のグループに分かれてのオンラインOBOG訪問会を開催いたします。前半はランダムでのグループ分けを行い、今の興味関心に縛られずに、偶然の出会いをきっかけに世界を広げていただきます。後半は、参加者の希望に合わせたマッチングを行い、自身の興味関心を深堀りしていただきます


学生参加申し込み:https://koukoku.secure.force.com/w2l/Zoom_student_20210807

社会人参加申し込み:https://koukoku.secure.force.com/w2l/Zoom_business_20210807

連続企画:「何のために働くのか」

「より高い視座から仕事・人生について考える機会を提供する」との鴻鵠塾の創設の目的に立ち返り、連続企画として様々なキャリアの方をお招きして、「何のために働くのか」という根本的なテーマについてお話をいただきます。

第2回:6月26日(土)20時〜

 第2回は、東京オリンピック・パラリンピック開催を間近に控えた6月下旬に、元オリンピアンの方をお招きします。アスリートとして、オリンピックを目指すことに早いときから人生をかけてこられた中で、どいうったこを考えてきたのか・何を大事にされてこられたのか、現役を引退された以降どいうった仕事をされており、今のお仕事は何のためにその仕事をされているのかといった切り口でお話をいただきます。


登壇者のご紹介

池田 信太郎 様(元バドミントン男子日本代表)

元バドミントンオリンピック選手。世界選手権メダリストにして、日本人初のプロバドミントン選手。北京五輪、ロンドン五輪に出場。現在、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会アスリート委員会の委員として大会成功にむけた取り組みをリード。
世界バドミントン連盟アスリート委員としてバドミントン競技の普及振興に努めているほか、各種団体、企業、ブランドのアンバサダーとしても活躍。また、トップアスリートの経験を活かして、スポーツ界の発展に貢献するのみならず、企業のアドバイザー、ファッションブランドのPRディレクション、日本の食や農家の質の向上にむけたGAP認証の普及にむけた政府関連機関の取り組みにも参画するなど、ビジネス界における活躍の幅も広げている。2018年8月より外資系の戦略コミュニケーション・コンサルティング企業『フライシュマン・ヒラード・ジャパン』のシニアコンサルティングとして参画。

高山 樹里 様(元ソフトボール女子日本代表)

小学校1年からソフトボールを始める。名門・埼玉栄高等学校(埼玉)3年時には国体で優勝、その後、日本体育大学から株式会社豊田自動織機へ進み、共にエースとしてチームの勝利に貢献。また、数々の国際大会に出場。オリンピックには、アトランタ五輪(4位)、シドニー五輪(銀)、アテネ五輪(銅)と3大会連続で出場を果たす。得意のライズボールを武器に五輪通算8勝。
2009年7月ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟の要請でバンクーバー五輪出場を目指すもセレクションで落選。その後スケルトンに転向し冬季五輪を目指した。現在は車椅子ソフトボールの普及、各地でソフトボール教室を行っている。2017年東海地区で車椅子ソフトボールチームを設立。現在顧問を務めている。

初瀬 勇輔 様(視覚障害者柔道選手・株式会社スタイル・エッジMEDICAL代表取締役)

中央大学法学部在学中、緑内障により視覚障害となる。失意の底にあったが、高校時代に打ち込んだ柔道を再開し、全日本視覚障害者柔道大会9連覇、アジア大会2連覇に次いで、再開当初から目標にしていた北京パラリンピック出場を果たす。2011年には、障害者雇用に貢献するため、株式会社ユニバーサルスタイルを設立。2018年には、株式会社スタイル・エッジMEDICAL代表取締役にも就任し、企業の健康経営や個人の健康をサポートする活動にも尽力。また、東洋経済の次世代リーダー50人にも選ばれる。現在は、来年に迫った東京パラリンピックへの出場を目指す傍ら、日本パラリンピアンズ協会理事など15以上の団体の理事も務めている。著書「いま、絶望している君たちへ」(日本経済新聞出版社)出版。

松下 浩二 様(元卓球男子日本代表)

日本人初のプロ卓球選手として、国内だけでなく欧州3大リーグ(ドイツ、フランス、スウェーデン)、中国超級リーグで活躍。1992年のバルセロナ五輪から2004年のアテネ五輪まで、4大会連続で五輪出場を果たす。現役を引退した現在も、卓球をさらにメジャーな競技にするためにさまざまな活動を展開中。世界と戦える環境づくりのためにも、卓球新リーグ、Tリーグを2018年10月に開幕。Tリーグ初代チェアマン。

学生参加申し込み:https://koukoku.secure.force.com/w2l/Zoom_student_20210626
社会人参加申し込み:https://koukoku.secure.force.com/w2l/Zoom_business_20210626

第3回:7月24日(土)20時〜

学生参加申し込み:https://koukoku.secure.force.com/w2l/Zoom_student_20210724

社会人参加申し込み:https://koukoku.secure.force.com/w2l/Zoom_business_20210724

一覧へ